【BF5】忙しい人のためのタイドオブウォー攻略 炎の試練 第2週 【強き者が生き残る】


こんにちは!
本日炎の試練のアップデートと同時にタイドオブウォーも更新されています。正確には、日本時間4月4日19時に更新

今回も、「忙しくてあんまり時間ないけど、タイドオブウォーの報酬くらいはもらっておきたいぜ!」という方向けの高速攻略を目指していきます。

では早速攻略の方にいきましょう!

第2週 強き者が生き残る の概要

今週のタイドオブウォーは先週のようにファイアストームなどのモードを制限されていないので、バトロワが苦手な人でも進行しやすいと思います!

今週の報酬はM30 Drlling用のスキン

今週の報酬は、ショットガン「M30 Drlling」のナパームスキンです。

ナパームスキンシリーズかっこいい

M30 Drllingは援護兵が持てるショットガン枠の武器です。
ダブルバレルショットガンであり、2発の装弾数ながら高速で連射、高い殺傷力を持っています。

それだけでなく、射撃モードを切り替えることで1発装填のライフル弾を発射できます。1発なのが難しいですが、ショットガンの弱点である中距離でもある程度の交戦が可能です。
(ライフル弾のダメージはおおよそ80弱なのでヘッドショットを狙っていきたい所です)

オススメ進行ルート

今週はバトロワ任務・オールモードの任務がルートによって別れているので、スキルに相当自信がない限りルートは限られています。

以上の画像の通り、オールモードの真ん中ルートをつっきって行くのが良いのかなと思います!

難易度そのものはとても低い部類だと思います!
ただし、真ん中のルートの達成時間はプレイスキルに左右されてしまう部分が大きいです。

急がば勢の方は下ルートの方が早く終わる可能性も十分ありますので、バトロワが得意かどうかで選択しても良いと思います!

それでは早速各任務の解説をしていきます!

任務ごとの攻略

焦土作戦

コンクエストなどを推奨
バトロワ非推奨

モードに制限はありませんが、この任務はスコアを取るのが目標なので、バトロワのようにスコアに不安定さがあるものは避けましょう

スイスチーズ

SMG(看護兵)必須
ドミネーションやブレイクスルーなどを推奨

この任務はダメージ数が命なので、交戦時間が長いモードが良いかなと思います。

コンバインドアームズでは進行不可のようです!

散弾まみれ

ショットガン(援護兵)必須
ドミネーション、コンクエスト「Fjell 652」「Devastation」などの交戦距離の近いモードを推奨

同じくこの任務はダメージ数が命なので、交戦時間が長いのは勿論、交戦距離の短めなモードが良いかなと思います。

コンバインドアームズでは進行不可のようです!

大暴れ

マルチプレイヤーモード全般 主にコンクエスト推奨

死なずにというのは、バトルフィールドシリーズでとてもよく使われる言い回しですが、基本的に蘇生されれば死亡していない判定になります。
なので特に書いてあるよりは難しくないです!

大型ハンター

ビークルに自信がなければ2番席
もっと自信がなければ突撃兵を推奨

ビークルに関連したダメージが必要なミッションです。
これは無理にビークルのドライバーとして操縦をする必要はありませんが、ビークルの2番席などのガンナー席に乗る場合はこころがけたいことがあります。

☆ガンナー席ポイント

  • 「むやみに撃たない」 敵に場所を知らせてしまいます
  • 「できれば援護兵で乗る」 援護兵は建築ツールを持ってビークルに近づくことで修理ができます
  • 「被ダメージをよく見て修理」 上の続きですが、ガンナーだからといって撃ってるだけでいいわけではないです
  • 「しゃがみキーで隠れよ!」 実はトップガンナーなどの体が露出する座席はしゃがみキーを押すことで体を隠しながら射撃ができます(それでも死ぬときは死ぬ)

番外編 形勢逆転

下ルートの一番ややこしい部分だと思うので、今回ここを番外編として紹介します。

ファイアストームでの増援要請ってなんや!? と思った方も少なくないかと思います。
本編でも分隊長が使える同等の機能があり、それと共通しています。
以下にリストアップしてみますので意識してみましょう

増援要請アイテム

  • 支援砲撃フレアガン
  • ビークル投下フレアガン
  • V1ロケットフレアガン
  • 補給物資フレアガン

要するに運要素が絡む部分があるので、下手すると結構躓く可能性があるのが難点です

終わりに

今回は時間をじっくりかけるかバトロワで遊びながら進むかの二択なタイドオブウォーでした!
真ん中ルートはコンバインドアームズで進行不可なのが地味に痛いので自分のスキル等と相談して好きな方で進めていきましょう!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA